All archives    Admin

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'04.19 (Sun)

橋野高炉跡

橋野高炉跡
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

2009/4/18(土)
日本で一番最初に洋式高炉で鉄が作られたのは釜石
小学校3年生くらいの学校の教科書にそのように載っていたと思う。
大島高任は、ヒーローでした。
JR釜石駅前にある、像の人です。

近代製鉄の父といわれる大島高任の技術指導により
安政5(1858)年から翌6年にかけて建設され、
その後、南部藩が経営したもので、最古の洋式高炉跡として
国の文化財(史跡)に指定されています。
三基の高炉跡のほか、水車場跡や御日払所、長屋跡そして
山神社跡なども確認され、その遺構は当時の稼動状況・経営状況
までも示し、その価値は極めて高いものです。

釜石商工会議所提供 釜石漫遊ドットコムの記事 (←クリック)
日本の史跡101選 日本経済新聞社広告局 (←クリック)

昭和59年4月3日に、アメリカ金属協会から歴史的遺産と
みとめられ、「ヒストリカル・ランドマーク賞」を受賞しました。

今の大きな製鐵工場の始まりは、ここだった。
この地で始まった、と周りを眺めて思ったこと
世界遺産登録とか、そんな話題が一時期ありましたが
それにしては荒れ放題・・・もっと大事にするべきです!

12:42  |  史跡・文化財  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。