All archives    Admin

02月≪ 2011年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'03.25 (Fri)

すべての人に、また楽しい日々が戻りますように…

2011年3月11日(金)
地 震 と 津 波


地震のあと、あまりにも強い揺れに
驚いた人々が次々に外に出てきました。
一体何が起こるのだろう…そんな不安を感じた次の瞬間
津波が来てる!誰かの叫び声
見るとすぐ目の前10メートルくらいのところに、津波が迫っていました。

私は走り3階建てのビルの階段を2階へ上りました。
水はどんどん上がって来ます。
上の階に住んでいる方に声をかけられ、更に3階へと上りました。

下を見ると道路だったその場所は濁流と化し
轟音とともに、ありとあらゆるものを呑みこんでいきます。
消防車、トラック、自動車、自動販売機、人、バス、家…冷蔵庫…
何が起こっているのかわかりません。
建物の中に残っている人は!?外にいた人は避難できたのか!?
車の中で助けを求める人、何かにつかまって流されている人
電柱にしがみついている人、バスの上で震える人…助けられません。
この目の前の光景は現実なのか!

何度も押し寄せる津波と余震
目の前の惨状の恐怖もわからずにただ立っているだけ…。

電柱にしがみついていた人が、屋根伝いに助けられました。
車の中から脱出して流されながらも、結んだシーツにつかまり引き上げられた人
屋根に上っていて助かった親子、高台から見下ろす人々。

たぶん呑みこまれた人もあったことでしょう…。

その夜は3階の住居に避難させてもらいました。
ときどき見廻りの人の声が聞こえ、救助された人が手を引かれ
腰まで水に浸かりながら避難所へ向かっていました。

町からすべての灯りが消え、暗闇と静けさの中
余震は幾度となく続き、眠れぬ夜を過ごしました。

翌朝、外を歩く人の声。
空は晴れ渡り青空が広がっていました。
泥と瓦礫の山の上を歩いてる人もいます。自分の家を見に行くのでしょう。

程なく、誰も入ることができなくなっていた道に、自衛隊の姿が見えました。
倒壊した家屋や流された車両の中に取り残された人はいない
ひとつひとつ確認しています。

その様子は、どこか遠くの知らない場所で
何か大変なことが起こっている、そんなふうにも見えました。
でも今立っているこの場所は、津波が変えてしまった私の生まれ育った町なんだ。
そう思うと涙があふれてきました。
そしてそれは自衛隊員の人たちへの感謝の思い。

次々に到着する全国各地の消防と警察、救援の方々…ヘリコプターの音。

ほんとうに、ほんとうに大変なことが起きたんだ。
 




画像はすべて大渡町(おおわたりちょう)携帯電話のカメラで撮影

藤勇醤油・松坂駐車場前
  15時26分                15時28分
11_010-0311つなみ15261528



のぞみ病院前(旧釜石市民病院)
  15時30分
15時30分のぞみ病院前


岩手県道4号釜石港線  Wikipediaにリンク(←クリック) 
  大正軒~佐賀カバン店        くにや~大渡バス停  
  16時01分                  16時03分
つなみ16011603
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。


事務所のあるビル2階の階段      のぞみ病院前(旧釜石市民病院)
 16時30分                  17時42分         
つなみ16351742
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

スポンサーサイト
16:22  |  今日の出来事  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。