All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.14 (Sun)

松倉で桜が咲いていました!

2013年4月9日(火)

初めてここに来た時は・・・
こんなところまで仮設住宅が建っているんだ
という驚きと、平地の少ない釜石市内で
ある程度の広さを確保できる土地を探すのは大変かもしれない
と思った。

2013‐04‐09松倉仮設
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

松倉の線路向こう南向きの斜面
紫っぽい枝というか、濃いピンクにも見える枝

2013‐04‐09松倉仮設 (2)
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

ちらほらと、桜が咲いていました。

ここはあったかいからねぇ・・・
釜石で最初に見た、桜の花です。

2013‐04‐09松倉仮設 (3)
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。


国道283号釜石高校近くの仮設団地付近です。
地図は掲載しません。
スポンサーサイト
23:51  |  松倉~大橋  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.08 (Mon)

オーケストラとウィーンフィルアンサンブルコンサート

2013年3月24日(日)
2013-03-24オーケストラとアンサンブルコンサート
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

釜石高校石楠花ホールで、ウィーンフィルハーモニーオーケストラの
アンサンブルコンサートがありました!
ホール内は撮影禁止なので、立て看板と
NPO法人ガバチョ・プロジェクト理事長のご挨拶を掲載いたします。



本日はご来場いただきましてありがとうございます。
私たちNPO法人ガバチョ・プロジェクトは、
地域の復興と活性化、被災した方々と支援する方々との絆、
芸術文化の発展、青少年の育成、高齢者の心の広場、
被災者の心の癒しと再生に寄与することを行い、
多目的ホールと井上ひさしファミリー記念館の建設と運営を目的とし2012年10月に認定を受けました。

この度のコンサートは、「被災した街に芸術の灯を」と
ガバチョ・プロジェクトが釜石公演をお引き受けし、
被災地支援のために結成された
心温まる花巻金星少年少女オーケストラと
「ここに泉あり」を合言葉に
世界的に活動をされているぐんまジュニアオーケストラ、
そして世界一天国に近い幸福な音を奏でる
ウィーンフィルハーモニーオーケストラの
マエストロ3名の方々、
そしてディーター・フルーリー氏が釜石にいらっしゃるなら
「一緒に演奏しましょう」と県内外に呼びかけ、
音楽大学の先生方、プロフルーティスト、アマチュアのフルート仲間がお集まりくださいました。
さらに遠野・釜石の弦楽ジュニアアンサンブルにもご賛同いただきました。

大切な想いを届けて下さる演奏者のみなさまに心より感謝申し上げます。
生の美しい音楽を聴いていただくことにより、
子供たちの心がやさしく癒されることでしょう。

NPO法人ガバチョ・プロジェクト理事長 
日本フルート協会 理事
山﨑眞行




釜石市の子供たちのバイオリンの演奏では
3歳も!!頑張って演奏していました。
(なんでも、勢い余って弓を客席に飛ばしたとか・・・)
とっても可愛かったそうです。

帰るときは、ごんぼほっていました~ (^-^;)

00:26  |  松倉~大橋  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'01.08 (Tue)

映画「遺体」試写会@釜石高校

2012年12月15日(土)

釜石高等学校石楠花ホール(250席)で午前と午後の2回に分けて
映画『遺体 ~明日への十日間』の上映会がありました。
この上映会は往復はがきでの応募でした。

遺体試写会
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

ノンフィクション作家の石井光太さんの「遺体 震災、津波の果てに」(新潮社刊)
この「遺体」が映画化され、来年2月23日に全国公開されます。

遺体試写会3
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

君塚監督のあいさつもありました。

遺体試写会2
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

あれは、あの人?と思われるシーンも多々あり
マチで、二中で、私が見た光景がよみがえりました。

いろんな人が、それぞれの任務を遂行しました。
本の中では実名で出ている医師や消防団の方々、市職員、住職…
映画を見て、あらためて感謝の気持ちが湧き上がってきました。

あの日、安置所でご遺体に話しかけてるる千葉さんには
わたしの友人も救われたことと思います。

  映画「遺体 明日への十日間」公式サイト (←クリック)



01:01  |  松倉~大橋  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'09.23 (Sun)

2012年9月8(土)

以前見かけた場所近くで、サルに遭遇( ゜o゜;)ハッ
はじめは道路端、ガードレールの下にいたのが
橋の上に跳びのりました。
20120909サル
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。

しばし辺りを、キョロキョロ

そのうちに、ファミリー?みたいな仲間が登場
20120909猿一家
※写真をクリックすると、少し大きめの画像が開きます。
兄弟と母親かな。

最後に、写真には写っていませんが大きなサルも出てきて
一箇聯隊 ( いっこれんたい ) は、すぐ上の民家へ・・・(゜▽゜;)

屋根に上ったりしていました(・o・)ホォ

実りの秋を前に、民家近くには鹿やサルも山から下りてきています。
そして、毎日のようにクマ出没の防災無線が響いています。


20:59  |  松倉~大橋  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。